スポンサーリンク

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサーリンク】

友人の結婚式と運動会が重なった!

未分類
09 /01 2016
・・・・に、呼ばれました。


それが、数か月前のこと。。。


悩ましいのが、娘の運動会と重なってること。。。


花嫁のときは正直いってわからなかったんですが、
子供の運動会って本当に一大事。
子供は私に見てほしくて頑張るし、
ずっと練習してきたことを見てあげたい。

でも、結婚する子からしたら、
運動会で欠席?結婚式って一生に一度なのに。
って思うかもしれない。

大切な大切な友人。
それだけに、電話してそのまま伝えました。


友人、「もちろん運動会に行ってあげて!」て言ってくれたけど、
伝わるかな・・・
とりあえず、あなたを大切に思ってるってことはすごく伝えたいので
電報うったり、
他のお祝いの席を設けさせてもらったり、やることはやりたいなぁと思うのだけど。。。


ここを見て下さってるのは花嫁さんが多いので、
こんな人もいるよーってことで、書かせてもらいました。

【スポンサーリンク】

スポンサーサイト

会場に見積もりを出してもらう時のポイントまとめ。

未分類
08 /21 2015
今日は、会場に見学にいって、見積もりを出してもらうときのポイントをまとめてみたいと思います!というのも・・・最初の見積もりと、最終見積もりって、かけ離れている場合が多いんです!!結局、グレードアップしたり、気に入ったものにすると金額がふくらんで、100万円アップなんて、ざら・・・。


でも、ポイントを押さえて見積もりしてもらうと、けっこう現実に近い金額がでてきたりします。では、まとめ☆


ドレスは平均の価格帯で

何も言わないと、「一番低い」価格帯で見積もられる場合があります。その価格で実際にドレスを見てみると、「とてもこんなレベルじゃ満足できない!」となってしまうことも。なので、その会場でドレスを借りる場合、一番多い価格帯はどのあたりのドレスか?聞いてみて、その価格で見積もってもらうのがオススメ。

お色直しはカラードレスか、和装かによって金額が結構変わってくることもあるので(一般的に、和装の方がちょっと高いような・・・)、決まっているならより現実に即した見積もりにしたいところ。


お料理も平均の価格帯で

ドレスと同じく、お料理も平均の価格帯で見積もってもらいましょう。このあたり、式場によっては「だいたい基本料金でみなさんおさまってます」というところもあれば、基本料金の場合メインは「鴨肉」で、ほとんどのカップルがグレードアップしてる・・・なんて会場も。←基本料金鴨肉ってどうなのー??と思ったハナシ。


大体の演出をあらかじめ考えておく

とりあえず入れてもらっておくと、検討後に削る場合はその料金を抜いて考えれば良いだけですしね。フラワーシャワー、キャンドルサービス的なもの、ブーケトス(トス用ブーケなどが必要になる)、両親花束など、なるべく式の流れのイメージをざっくりでいいので伝えて、見積もりを。


見積もりの項目を調べておく

口コミサイトなどを利用すると、結婚式の明細が見られたりします。見積もりをいくつか見ていると、「この項目ってなに?」って思うことがあるはず。そのなかでは必須なものもあるので、忘れずに追加してもらって。

参考までに・・・見落としがちな項目

・引き上げ料
・介添え料
・ブーケは二個になっている?(お色直し用)
・ヘアメイクリハーサル
・フリードリンクの種類グレードアップ


最後に、見積もりをお願いするときに入れてほしい項目や、想定している式の内容などは、何かにまとめておくことをオススメします。というのも、多くの方がいくつかの会場で見積もりをとって比較すると思いますが、そのときになるべく「同条件で」見積もってもらうと比較しやすいから。


同条件でっていっても、ついつい入れてもらうのを忘れてしまうこともあるので。紙にまとめておいて、それを担当の方に渡すとスムーズ。言いだしにくいかもしれませんが、「いくつか会場を検討していて」と正直に言ってOKかと思います。



【スポンサーリンク】

さゆぽん5564

昨年、神戸で挙式・披露宴♪
自分なりのウエディングの思い出をつづっていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。